クラミジアや淋病ではない尿道炎

非クラミジア性・非淋菌性尿道炎とは?

非クラジミア・非淋菌性尿道炎は、クラジミアと淋菌感染以外の細菌によって尿道炎になることですが、ブドウ球菌やウレアプラズマ、マイコプラズマなどの病原菌が原因とされています。感染源は、オーラルセックスや、性行為によって原因菌が尿道に感染すると考えられていますが、菌の特定が難しく分かっていない部分もあるようです。

 

クラジミアや淋病の症状と似ていまして、主な症状は尿道から膿が出てきたり、尿を出した時に痛みを感じる事や、尿道のかゆみなどの症状が出てきます。尿を出した時に出てくる膿は、少量で、白や黄色みがある場合がありまして、粘度はさららさしていたり、どろどろとしている状態や、粘り気がある場合もありますが、感染している菌によって変化が出てきます。症状が軽いため感染していると気がつきにくく、多くの感染者は自覚症状がほとんどありません。
放置をすると症状が進行してしまい、精巣上体炎、前立腺炎などになってしまいます。

 

非クラジミア・非淋菌性尿道炎は、オーラルセックスを行うことで喉に感染する可能性もあると言われています。発症は、1週間から5週間程度で起きてきますが、症状が進行しないうちに診察すると早期に直ります。クラジミアや淋菌に感染していないからと言って、放置して良いわけではなく、症状が出ていると感じる場合は、検査を行なうことが大切ですし、パートナーも感染していると考えられますから、一緒に検査することが必要ですし、大切になってきます。


FX

性病検査キットの通販比較はこちら