クラジミアの検査キット

男女で異なるクラミジアの検査

クラミジアは日本だけでも感染者が100万人以上になるとも言われています。クラミジアも性病の一種ですが、感染していても自覚症状が出にくく気づかない人も多いので、知らない間にパートナーにも感染させてしまう可能性もあります。

 

男性の場合は尿道から膿が出たり排尿痛、女性の場合はおりものが増えるとか不正出血といった症状が出ることもあります。しかし、症状が出ていて、自分でも何かの性病かなと思っても、恥ずかしさのあまり病院に行かずに放置してしまうこともありますね。クラミジアは性病の中でも患者数の多い病気ですが、クラミジアの感染を放置すれば男性は前立腺炎、女性は不妊症の原因につながりますので、早期治療も大切です。少しでも思い当たることがあったら、早めにクラミジア検査を受けましょう。クラミジアだけでなく、どの性病でもいえますが、感染を早期発見して、早めに治療するのが望ましいのです。定期的な検査が重要だといわれるのは、そのためです。

 

クラミジアの検査は、男性は尿検査、女性は膣分泌液を調べます。クラミジアは喉に感染することもありますが、喉の検査は別になります。喉の検査は綿棒状の器具で喉の奥をぬぐい、それを検査する方法、または、うがい液で喉をうがいし、それを検査する方法があります。クラミジア検査は、簡単なものですので、初めての方でも心配はいりません。


FX

性病検査キットの通販比較はこちら