カンジタの検査はどのようなものか?

ここでは、カンジタという性病の検査法について記述しています。カンジタの検査方法は、男性の場合は尿検査と亀頭周辺の分泌物検査が一般的です。女性の場合は尿検査の他に膣分泌検査を行うのが一般的ですが、いずれの場合も検査をすればすぐにカンジタ症であるか診断できます。分泌物を採取する場合も、専用の綿棒などで採取するので痛みはありません。

 

カンジタは真菌が原因なので、軟膏や膣剤で治療をすれば完治します。ただし、カンジタは再発しやすい特徴もあるので、カンジタ症にならないために、免疫力が低下しないように予防も大切です。女性の場合は通気性の悪い下着や、ガードルで締め付けるのも原因になるので注意が必要です。性行為以外でも自己感染することもあるので、女性は特に日頃から注意しておきたい病気の一つです。男性は普通に性器の清潔を保っていれば、カンジタになることは稀であるといわれています。以上がカンジタ症の検査や予防についてでした。


FX

性病検査キットの通販比較はこちら