疥癬の症状と治療

疥癬について

疥癬とは、ヒゼンダニが皮膚に寄生しておきる病気です。通常、疥癬と角化型疥癬がありますが、通常疥癬はダニの数が数十匹で、角化型疥癬はダニの数が100万から200万匹と多いです。症状の違いはダニの感染数もありますが、疥癬は他人に移す可能性は低く、皮膚に赤いぶつぶつが出来てきますし、かゆみが強く、顔や頭以外の全身に症状が出ますが、角化型疥癬は、他人に移す可能性が高く、分厚い角質状態になりますが、全身に症状が出てきます。ヒゼンダニは、虫眼鏡を使うと見えるダニで、疥癬トンネルと呼ばれている横穴を掘って、卵を産み、3日から4日で孵化して、10日から14日程度で成虫になります。人肌から離れると生きていけないダニで、体温が一番活動しやすい環境ですが、高熱や乾燥に弱い特徴もあり、50度以上で10分間さらされると死滅します。疥癬の症状が出てくるまで潜伏期間が1ヶ月から2ヶ月かかりますが、角化型疥癬は通常疥癬がまず発症して、角化型疥癬になるようです。性器や性器周辺にも感染することがありますが、性感染症として紹介されることは稀になります。疥癬の治療は、ヒゼンダニを死滅させる飲み薬や、塗り薬を使用していきます。飲み薬にはストロメクトール錠を服用し、塗り薬にはオイラックスクリームなどを使用していきます。疥癬は、3週間から1ヶ月程度、角化型疥癬は2ヶ月程度で直ることがありますが、皮膚科の専門医が完治を判断するのが良いでしょう。疥癬に感染した場合は、パートナーやご家族は、同じタオルを使わないことや、布団を並べて就寝しないことなど注意する点が出てきます。


FX

性病検査キットの通販比較はこちら