細菌性膣炎の検査キット

細菌性膣炎の原因と症状

細菌性膣炎の原因は、性病の原因と言われるカンジタやトリコモナスのような菌ではなく、健康な人であれば誰の体の中にでもいる菌が原因で起こる病気です。この病気は、膣内の環境が悪くなった時に起こる炎症と言われています。

 

細菌性膣炎の原因としては、過度なセックスや膣洗浄のし過ぎということがあげられます。通常、強い酸性に保たれている膣内環境が、過度のセックスや膣洗浄のし過ぎで破壊され、さまざまな菌が膣の中で繁殖し始めるというのがその理由です。

 

しかし、生理の時や病中・病後など、免疫力が落ちていることが細菌性膣炎の原因になるという説もあるので、細菌性膣炎の原因を性交渉と一概に決めつけるのは間違っているようです。細菌性膣炎は、おりものの量が増えたり、臭いが強くなったりといった症状が出ますが、自覚症状がない人がほとんどと言われています。細菌性膣炎は早産や流産の原因と言われているので、妊娠している女性の場合は気をつけた方がいいでしょう。


FX

性病検査キットの通販比較はこちら